2015年2月16日

ストレンジ・デイズ最新(185)号2/20発売■スティーヴン・ウィルソン&Kスコープ■ヨーロピアン・ロック・フェス 他

SD185_h1_2.9
オンラインストア
オフィシャル・ショップで購入

オフィシャル・ショップ特典

今号のストレンジ・デイズを注文すると
  1. 2月20日発売予定の本誌が当日(※)にはお手元に届く!
  2. 予約販売期間中は送料も無料!!
詳しくはオフィシャルショップのボタンクリック!
(※2月18日の正午までに注文時)
アマゾン

◎スティーヴン・ウィルソン&Kスコープ・レコード
(STEVEN WILSON & Kscope Records)
前作『レイヴンは歌わない』が完成度高い王道プログレ作で多くのファンから絶賛されたスティーヴン・ウィルソンが、前作と同じバンド・メンバーで新作『Hand.cannot.erase.』をリリース。キング・クリムゾンやエマーソン、レイク&パーマーなどのリイシュー作のミックスも一手に引き受けるなど、いまや現代プログレ・シーンのキーパーソンと断言していいスティーヴンに、最新作の内容やリミックス・ワーク、さらに今後の計画などをインタヴュー。併せて彼の仕事を整理し魅力を浮き彫りにしてみた。また、所属レーベル“Kscope”の注目株パイナップル・シーフのインタヴューとレーベル・ヒストリーも掲載。広がりを見せる英シーンの新潮流を捉えた。

  • スティーヴン・ウィルソン(Steven Wilson)インタヴュー
  • 最新アルバム『HAND. CANNOT. ERASE.』解説
  • スティーヴン・ウィルソン・ストーリー
  • ディスク解説
  • スティーヴン・ウィルソン・サイドワーク
  • Kscopeヒストリー
  • Kscopeアルバム解説
  • パイナップル・シーフ(The Pineapple Thief)インタヴュー

Steven Wilson – Hand. Cannot. Erase. Deluxe Edition Reveal

◎ヨーロピアン・ロック・フェスVol.2
EUROPIAN ROCK FES Vol.2

満員御礼の第1回開催から約1年半、会場を川崎から東京の国際フォーラムに移し、4月26日に開催される第2回ヨーロピアン・ロック・フェスが話題だ。フランスのイエスと称されるアトール(Atoll)と北欧の伝説カイパ(Kaipa)の2大ベテラン勢に加え、21世紀のプログレッシヴ・ロック・シーンを牽引するフラワー・キングス(The Flower Kings)、そして彗星の如く現れたパイナップル・シーフを迎えてのステージは、プログレッシヴ・ロック・ファンにとっては忘れることのできない一夜となるはずだ。そこで待望のフェスの見どころを解説するとともに、改めて出演アーティストの作品を紹介する、ストレンジ・デイズならではの特別企画!!

  • ヨーロピアン・ロック・フェスVol.2
    ~深き森から伝説の彼方へ
  • アルバム解説:フラワー・キングス/カイパ/アトール―

※画像をクリックすると拡大表示されます。

ケネディ(泉 陸奥彦)インタヴュー

  • 新作『TRIANGLE MOTION』全曲解説
  • 泉 陸奥彦:関連アルバム解説

エレクトリック・アストゥーリアス(Electric Asturias)インタヴュー

〇シュナウザー(Schnauser)インタヴュー

〇Bob Dylan:3年ぶり新作はシナトラ・レパートリーのカヴァー集

  • ディランはどんな曲をカヴァーしてきたのか

〇アイレス・イン・ギャザ(Eyeless In Gaza)インタヴュー

森は生きている インタヴュー

北村早樹子(Sakiko Kitamura)インタヴュー

〇プログレッシヴ・ロック45周年:リック・ウェイクマン(Rick Wakeman)/ティラノザウルス・レックス(Tyrannosaurus Rex)/ザ・ムーヴ(The Move)/ウィザード(Wizzard)/ロイ・ウッド(Roy Wood)/エレクトリック・ライト・オーケストラ(Ellectric Light Orchestra)/タンジェリン・ドリーム(Tangerine Dream)他

〇ライヴ・レポート:
10CC/リッチー・コッツェン(Richie Kotze)

〇ヴェルヴェット・アンダーグラウンド:サード・アルバムのスーパー・デラックス・エディション
〇新・名盤探検隊:第13弾
〇ゲイリー・ライトのワーナー5作が一挙紙ジャケ化
〇ルーツ・ロック・レゲエ・ベスト・コレクション1000