2015年2月19日

北村早樹子、デビュー10周年を記念した初のベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ』がリリースされた!

◎白石晃士監督の映画『殺人ワークショップ』の主題歌や、本秀康主宰の雷音レコードから発売した7インチが即完売するなどで注目の女性シンガー、北村早樹子。彼女は4枚のオリジナル・アルバムと1枚のシングルCDをリリースしてきたヴェテランで、このたびデビュー10周年を記念して初のベスト盤がリリースされた。各オリジナル・アルバムから数曲ずつをセレクトし、7インチ・ヴァージョンや新録音や2つの新曲も収録した選曲は、彼女の長いキャリアを追うには最適であるといえるだろう。10年選手といえども彼女の基本的なスタンスは変わっておらず、ピアノの弾き語りに時おり弦楽器の伴奏が色を添えるもので(ムーライダーズの武川雅寛が参加したトラックもあり)、そのシンプルなアレンジゆえに彼女が生み出す独特なメロディ・ラインが映えるものとなっている。幼女/少女のイノセンス性を演出するように声を張り上げて朗々と歌い上げる唱法の奥に、女性ならではの業の深さや残忍性が垣間見られるあたりは聴き手を選ぶかもしれないが、彼女が並外れた才能の持ち主であることは間違いない。[鬼形 智/SD184]

※2月20日発売、ストレンジ・デイズ4月号(No.185)にて、北村早樹子の最新インタヴューを掲載。

北村早樹子『卵のエチュード』PV

Official Website:
http://kitamurasakiko.net/
Official facebook:
https://www.facebook.com/kitamurasakiko