2015年2月24日

70年代ヴィンテージ・スタイルの新鋭イタリアン・グループ、“アンリアル・シティ(Unreal City)”の2nd『Il Paese Del Tramonto』!

◎オルガン、アナログ・シンセ、メロトロンなどの楽器を使用して70年代初頭のダークな雰囲気を打ち出したハード・ロックが、現在ヴィンテージ系と称され人気を博している。メジャーなところではビッグエルフ(Bigelf)がその筆頭だが、本作『Il Paese Del Tramonto』でデビューしたアンリアル・シティ(Unreal City)もその範疇に入るグループとして注目されはじめている。

アンリアル・シティはEmanuele Tarasconi(Vo,Key)を中心に2010年に結成され、2012年に自主制作したEPがラ・マスケラ・ディ・チェッラ(La Maschera Di Cera)とホストソナテン(Hostsonaten)の中心人物、ファビオ・ズッファンティ(Fabio Zuffanti)の目に留まり、彼のプロデュースで2013年にデビューしたイタリアン・プログレ新鋭バンド。イタリアの伝統芸、クラシカルなヘヴィ・シンフォニック・サウンドは、この手のバンドが好きな人にはたまらないだろう。ヴァイオリンと管楽器の導入も憎いほどツボを押さえている。[岩本晃市郎/SD185]

La Meccanica Dell’Ombra – Unreal City (from “Il Paese Del Tramonto”, 2015)

Lo Schermo Di Pietra – Unreal City (Official Video)

Official Website:
http://www.unrealcity.it/
http://unrealcityprogband.bandcamp.com/