2015年2月25日

マッツ/モルガンの天才ドラマー、“モルガン・オーギュレン(Morgan Agren)”初ソロ『バッテリー・デラックス』!

◎“RIOフェス”のマッツ/モルガン・バンド(Mats/Morgan Band)はいま思い出しても壮絶だったが、マッツ/モルガン(Mats/Morgan)の新作『ジャック・タチ(Schack Tati)』でのキャリアを一度リセットさせるがごとき、チャレンジングなサウンド・メイキングにもかなり驚いた。世の趨勢としてロックとエレクトロニック・サウンドの止揚、あるいはフュージョンというのはいまやクラブ・ミュージックの枠を超え、ニューヨークあたりの先端ジャズまで巻き込んで広がりを見せているが、彼らの新しい姿勢はそうした潮流を意識したものだったかどうか。その回答のひとつになりそうなのが、このモルガン・オーギュレン(Morgan Agren)の初ソロ・アルバム『バッテリー・デラックス(Batterie Deluxe)』だ。

マッツ/モルガンのザッパ路線を期待してると、面食らうのは必至で、構造的にはエレクトロニック・ビートと生ドラムがくんずほぐれつし、まったく未体験の音像を次々に現出させてゆく。盟友マッツに加え、テヴィン・タウンゼント(Devin Townsend)、メシュガー(Meshuggah)のフレデリック・トーデンタル(Fredrik Thordendal)など相変わらずメンバーもすごい。インドや中東~アフリカなどの音楽も煮詰め、マージナルなロックの地平を切り開いてみせる。まずは必聴だ。 [廣川 裕/SD184]

Morgan Agrens Batterie Deluxe trailer

Offcial Website:
http://www.morganagren.com/
Offcial facebook:
https://www.facebook.com/morgan.agren1