2015年3月17日

フランス暗黒系プログレの新星、“ユニット・ウェイル(Unit Wail)”のサード『ビヨンド・スペース・エッジズ』

◎フランス暗黒系プログレの新星、ユニット・ウェイル(Unit Wail)のサード・アルバム『(Beyond Space Edges)』がリリースされた。とはいっても彼らのルーツは80年代前半に遡る。基となったのは1983年に結成され、1987年にデビュー作『LesMorts Vont Vite』をリリースしたシュブ・ニグラス(Shub Niggurath)というバンドである。当時、ひと際異彩を放ったバンドで強烈な印象を残していた。200
9年には久々の新作も発売されたが、彼らはクトゥルー神話からその名をとったズール系暗黒チェンバー・ロック・バンドである。その中心人物であったフランク・フロミー(Franck William Fromy/ギター)が中心となって結成されたニュー・バンドがこのユニット・ウェイルである。2012年のファースト・アルバム『パンゲア・プロクシマ大陸(Pangaea Proxima)』、2013年のセカンド・アルバム『レトルト(Retort)』に続く、サード・アルバムが本作である。

SFをテーマにしたトータル・アルバムで、重量級のドラム、ヤニック・トップばりの唸りをあげるベース、剃刀のような鋭いギター、メロトロンを多用したツイン・キーボードが一体となって重厚かつ脅迫的に迫ってくる。暗黒系ヘヴィ・プログレッシヴ・ロックの強烈な一撃! [祖父尼 淳/SD185]

UNIT WAIL – Imminent take off

Official Website:
http://www.soleilzeuhl.com/
Official facebook:
https://www.facebook.com/unit.wail