2015年3月20日

アイオナのリーダー、デイヴ・ベインブリッジ(Dave Bainbridge)の最新ソロ『セレスティアル・ファイア』!

◎10分超の大曲を4曲(M2,M5,M7,M8)も備えた、プログレ・フリークの期待にまんま応えてくれる好アルバム。1989年結成のプログレ&ケルティック&フォーク&ロック・バンド(長い?)、アイオナ(Iona)の中心人物デイヴ・ベインブリッジ(Dave Bainbridge/ギター、キーボード、etc)の2004年『Vail Of Gossamer』以来となる、70年代プログレ黄金期のエッセンスをぎっしりと詰め込んだソロ作だ。

初めて聴いた時に衝撃を受けたという『チューブラー・ベルズ(Tubular Bells)』から40年、構想を練り続けて完成したマルチなプログレ大作は、もちろんマイク・オールドフィールド(Mike Oldfield)のトーンは外せず、速弾きになればアラン・ホールズワース(Allan Holdsworth)が顔をのぞかせ、イエスあり、カンタベリー系あり。かといってオリジナリティがないわけではなく、先人達の教えを継ぎながら、自身の色へと昇華させていく様はまさに“職人”芸。ストーリーがリンクしているという、しっとりと聞かせるバラードM4,M6が心を打ち、この2曲だけでも聴いて損はない。と思えば、挟まれるM5はジャズ・ロックな展開に急激に変わり、そんな起伏に富んだ楽曲構成も魅力だ。
[等々力 侑/SD185]

Dave Bainbridge – Celestial Fire (with lyrics)

Official Website:
http://davebainbridge.com/
Official facebook:
https://www.facebook.com/DaveBainbridgeMusic