2015年3月22日

米シンガー・ソングライター、ボビー・ランスが残した2枚の名盤を2イン1にして初CD化された!

ボビー・ランス『ファ-スト・ピース / ローリン・マン』
◎今月の掘り出し物と言うべきアルバムはこれだろう。南部で白人シンガー・ソングライターとして活躍していたボビー・ランス(Bobby Lance)のソロ2枚のアルバムが2イン1で登場、これは知られざる名盤だけに快挙だと思う。この人、ソングライターとしてアリサ・フランクリン(Aretha Franklin)の大ヒット「The House That Jack Built」の作者として知られるが、一方でヴォーカリストとしても相当にいい歌を聴かせてくれる。濁ったウィスキー・ヴォイスも魅力的で、どこかフェリックス・キャヴァリエあたりをアクを強く、濃くしたような味わいもある。シャウトもいけるし、バラードもイイ! とりわけ『First Peace』はもう一つ決定的なフックがある。それはマッスル・ショールズ・レコーディング(Muscle Shoals Sound Studios)、エディ・ヒントン(Eddie Hinton)、バリー・ベケット(Barry Beckett)、デヴィッド・フッド(David Hood)、ロジャー・ホーキンス(Roger Hawkins)というお馴染みの布陣にスウィート・インスピレーションズとくれば、もう南部好きには堪らない。しかも話題沸騰なのがデュアン・オールマン(Duane Allman)がスライドを弾いているという噂の「More Than Enough Rain」の収録。確定していないが、新たなデュアン音源になるかも知れない。 [増渕英紀/SD185]

Bobby Lance – More Than Enough Rain Feat. Duane Allman

Bobby Lance – Bar Room Sally

Official Website:
http://www.realgonemusic.com/news/2014/12/8/bobby-lance.html