2013年3月10日

ロジャー・バンが1969年にメジャー・マイナーからリリースした唯一のアルバムが紙ジャケで再発

top_ROGER BUNN
オンラインストア
アマゾン

ロジャー・バン『ピース・オブ・マインド』

◎ピート・ブラウン&ピブロクト(Pete Brown & Piblokto!)や最初期のロキシー・ミュージックにも参加していたというギタリストのロジャー・バン(Roger Bunn)が1969年にメジャー・マイナーからリリースした唯一のアルバムが紙ジャケで再発された。原盤はとてつもなくレアで、現物を拝んだことはないし、もちろんぼくも今回初めて聞いた。内容的にはまさに時代の産物というべき、妖しさ満点の仕上がりで、当時のシーンを彩っていたサイケなムードがやはり際立っているかなというのが印象。

構成要素としては他にフォークやジャズ・ロック、ポップなどを挙げることができるが、それらがまるで闇鍋のごとく投入され、整理されないままに渦巻いている。海外では“ヴァン・ダイク・パークス・ミーツ・ドノヴァン”と評されているようだが、たしかにそうしたニュアンスはなくもない。まぁ、そうはいってもアンダーグラウンドな内容にはちがいないので完成度を求めると少し肩すかしを食いそうだが。いずれにしろ当時の英ロックらしい混沌とした空気と匂いを封じ込めた怪作といえるだろう。2013年24ビット・リマスタリングで音は予想以上にいい。[廣川 裕/SD161]