2015年3月31日

モノクローム・セット(The Monochrome Set)の約2年振りとなる最新作『スペーシズ・エヴリホエア』!

◎モノクローム・セット(The Monochrome Set)は、80年前後のUKニューウェイヴ・ムーヴメントを象徴する存在だった。なにしろ彼らが1979年に放ったデビュー・シングルは、あのラフ・トレード・レーベル(Rough Trade)の最初のレコードだったし、かのアンディ・ウォーホルがモノクローム・セットのファンだったというのも、有名なエピソードだ。バンドは85年に解散して、90年に再結成。その後2008年頃に再々結成をして現在に至っているが、今回届けられたのは、再々結成後の3作目となる新作である。

ネオアコの文脈で語られることも多いバンドだが、彼らの音楽性のベースにあるのは、60年代のブリティッシュ・ビート。それをパンク・スピリットのもとに自己流で解釈した結果、彼らのユニークなサウンドが生まれたのだろう。今回の新作は、フルート、バンジョー、オルガンといった楽器が味つけ的に用いられているが、基本的なサウンド・スタイルは80年代と変わらない。何よりも、ちょっと投げやりな感じのする独特なヴォーカルが、相変わらず魅力的だ。唯一無二ともいえる伝説的なバンドだが、彼らはいまも健在なのである。 [立川芳雄/SD186]

The Monochrome Set – Iceman (official)

Official Website:
http://www.themonochromeset.co.uk/
Official facebook:
https://www.facebook.com/themonochromeset