2015年5月13日

ストレンジ・デイズ最新(188)号5/20発売★ブライアン・フェリー★ビートルズの遺伝子NOW■ダリル・ウェイ/アートポート/ヨーロピアン・ロック・フェス2レポート他

SD_116
オンラインストア
オフィシャル・ショップで購入

オフィシャル・ショップ特典

今月のストレンジ・デイズを注文すると
  1. 5月20日発売予定の本誌が当日(※)にはお手元に届く!
  2. 予約販売期間中は送料も無料!!
詳しくはオフィシャルショップのボタンクリック!
(※5月18日の正午までに注文時)
アマゾン

◎ブライアン・フェリー (Bryan Ferry)
アイランド、ポリドール時代のソロ・アルバムがSHM-CDで紙ジャケ化されたブライアン・フェリー。ロキシー・ミュージック(Roxy Music)と並行しながら、のちにはソロ・アーティストとして独自の世界観を確立したフェリー。ストレンジ・デイズでは彼のダンディでスタイリッシュな個性に着目。魅惑的な個性に迫るとともに、その音楽の背景、カヴァーのセンスなど多様な角度からフェリーの真髄に迫ってみた。

  • ロキシーとも密接に相関したフェリーのソロ・キャリア
  • ポップ・アート感覚に裏打ちされたカヴァーのセンス
  • 独特な歌唱法の根にあるもの
  • オリジナル・アルバム&関連作解説

Bryan Ferry – This Is Tomorrow [Official]

※画像を押すと拡大表示されます

◎ビートルズの遺伝子 NOW Part 1 (The Beatles DNA Now Part 1)
ポール・マッカートニーのリヴェンジ・ライヴで盛りあがったビートルズ()・ファン、そしてビートルズ・フレイヴァーの効いたポップ・ミュージックをこよなく愛する皆様、大変長らくお待たせいたしました。ストレンジ・デイズ創刊時より続く大人気企画《ビートルズの遺伝子》が帰ってきました!! 最近の音楽は面白くない……とお悩みの方、ビートルズのDNAを持った作品の数々をご賞味ください。ポップ・ミュージック界のマッド・サイエンティスト、ドクター・コズモズ・テープ・ラブのインタヴューとともに、世界中のポップ・フリークが作り出す珠玉の数々を紹介します。今回はそのパート1

  • ドクター・コズモズ・テープ・ラブ(Dr Cosmo’s Tape Lab)インタヴュー
  • ビートルズの遺伝子 NOW:ポップ・フリークの密かな楽しみ
  • The Beatles DNA Now:アルバム解説

Dr Cosmo’s Tape Lab- Lobster Man

◎ヨーロピアン・ロック・フェスVOL.2 ライヴ・レポート

(European ROCK Fest Vol.2 Live Report)
André Balzer Atoll/Kaipa Da Capo/The Flower Kings/The Pineapple Thief

◎ダリル・ウェイ(Darryl Way)インタヴュー
・関連アルバム解説

近藤等則(Toshinori Kondo)インタヴュー

アートポート(Artport: 白井良明 鈴木博文)インタヴュー

HACO(ハコ)インタヴュー

◎キリング・フロアー(Killing Floor/福島ピート幹夫) インタヴュー

金属恵比須(Kinzoku-Yebis)インタヴュー

〇プログレッシヴ・ロック45周年(Progressive Rock 45th Anniversary)
ジュディ・ダイブル(Judy Dyble)/フォザリンゲイ(Fotheringay)/
シド・バレット(Syd Barrett)/イタリアン・プログレッシヴ・ロック・7イ
ンチ・リイシュー(Italian Progressive Rock 7inch Reissue) 他

〇ライヴ・レポート
スティック・メン(Stick Men)
ネッド・ドヒニー(Ned Doheny)

〇世にも不思議な復活作品
〇TOWER RECORDS×SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONALスペシャルセレクションVol.1