2015年5月15日

ギリシャ出身、叙情派シンフォニック・バンド、シッカーダ(Ciccada)の2nd『ザ・ファイネスト・オヴ・ミラクルズ』!

◎2005年にギリシャはアテネで女性ヴォーカリストとフルート/サックス/キーボード奏者を中心に結成されたグループ、チッカーダ(Ciccada)。2010年のデビュー作はイタリアのユーゲン(Yugen)のメンバーも参加し、注目のアルトロック(AltRock)よりリリースされ、グリフォンとジェントル・ジャイアントが出会ったかのようだと賞賛を浴びた。メンバー・チェンジを経てリリースされたのが本2作目。

フォーク/トラッド、クラシック古楽とシンフォニック・ロックを融合した彼らならではの持ち味は不変だが、アルトロック/フェイディング部門よりリリースされたことからも前作よりさらにシンフォニック・ロック色を強めたものとなっている。チェンバー色も感じさせながらより叙情性と気品に溢れた美しさが際立った。透明感溢れる女性ヴォーカルと哀愁溢れる管弦楽器、流麗なギター、メロトロン、クラシカルなピアノが力強いリズム・セクションとともに幽玄で神秘的なシンフォニーを奏でる。アコースティックとエレクトリックのダイナミックなアンサンブルの完璧な調和は見事である。その計算され尽くした知的な緻密さに脱帽である。必聴の傑作。[祖父尼 淳/SD187]

Ciccada – The finest of miracles teaser!

Official Website:
https://altrockproductions.bandcamp.com/album/the-finest-of-miracles
Official facebook:
https://www.facebook.com/pages/CICCADA/195885230446298?hc_location=ufi