2015年5月17日

マーク・ノップラー(Mark Knopfler)の2年半ぶり、通算8作目となるスタジオ・アルバム『Tracker』!

◎マーク・ノップラー(Mark Knopfler)の2年半ぶりにリリースされた通算8作目のスタジオ・アルバム。プロデュースは元ダイアー・ストレイツ(Dire Straits)の同僚でおなじみのガイ・フレッチャー(Guy Fletcher/ベースも)。前作『プライベティアリング(Privateering)』(2012年)も2枚組という力作で、熟成感を増したソングライティングと枯れたヴォーカルの味わい、そして自在なギターを堪能したものだけど、この新作も濃度という点では遜色ない。故郷スコットランドを代表するトラッド・ミュージシャンのマイク・マックゴールドリック(Mike McGoldrick/フルート、ホイッスル)とジョン・マッカスカー(John McCusker/シターン、フィドル)をフィーチャーし、スコティッシュ・トラッド・イディオム(作曲はすべてノップラー)を踏まえたナンバーがあり、近年ノップラーの原点回帰的姿勢は強くなる一方だが、ブルースやロックなどとケルティックな要素はすでにひとつの根として彼の内で融合していることを物語っていそう。ボーナス4曲を追加したデラックス盤、2枚組アナログとボーナス6曲追加のボックスセットも同時発売されている。ヴァン・モリソン・ファンも聴くべし。[廣川 裕/SD187]

Mark Knopfler – Lead Single ‘BERYL’

Mark Knopfler – Wherever I Go (Talenthouse Video) ft. Ruth Moody

Official Website:
http://www.markknopfler.com/
Official facebook:
https://www.facebook.com/MarkKnopfler