2015年6月5日

現在のプログレッシヴ・ロック界を主導するタンジェント(The Tangent)の8作目となる最新アルバム!

タンジェント『ア・スパーク・イン・ジ・エーテル – ザ・ミュージック・ザット・ダイド・アローン Vol.2』
◎パラレル・オア・90ディグリーズ(Parallel Or 90 Degrees)のアンディ・ティルソン(Andy Tillison)を中心とするシンフォ・プログレのプロジェクト・バンド、タンジェント(The Tangent)も2003年のデビュー作『The Music That Died Alone』から早いもので10年以上たっている。すでにべヴェテランらしい余裕と安定感を感じさせる。当初はプロジェクト的要素が強かったが、最近ではティルソン独自のカラーが前面に出るようになっていた。

本8作目ではそのデビュー作の続編ということで、これまでの活動を踏まえて原点回帰をはかったもの。70年代の英国プログレッシヴ・ロックへのオマージュを現代的なアプローチで表現しているが、これまで以上にインテリジェンスに溢れた深みのあるサウンドとなっている。テクニカルかつ複雑な展開の中にも彼らしい親しみやすいメロディに淡い叙情、そして独特の幻想性を堪えたシンフォ・プログレに。フラワー・キングス(The Flower Kings)のヨナス・レインゴールド(Jonas Reingold)、テオ・トラヴィス(Theo Travis)、ルーク・マシン(Luke Machin/ギター)にマッツ&モルガン(Mats/Morgan)やカイパ(Kaipa)等でもお馴染みの超絶ドラマー、モルガン・オーギュレン(Morgan Agren)を迎え、圧巻のダイナミズムで迫る傑作。[祖父尼 淳/SD188]

THE TANGENT – A Spark In The Aether (LYRIC VIDEO)

Official Website:
http://www.thetangent.org/