2015年7月13日

ストレンジ・デイズ最新(190)号7/20発売★キング・クリムゾン★レッド・ツェッペリン■インタヴュー:佐野元春/スタックリッジ 他

SD_116
オンラインストア
オフィシャル・ショップで購入

オフィシャル・ショップ特典

今月のストレンジ・デイズを注文すると
  1. 7月20日発売予定の本誌が当日(※)にはお手元に届く!
  2. 予約販売期間中は送料も無料!!
詳しくはオフィシャルショップのボタンクリック!
(※7月18日の正午までに注文時)

◎キング・クリムゾン(King Crimson)
新編成以降の動向も注視されたなか、ついに12年半ぶりの来日公演が12月に決定したキング・クリムゾンだが、このたび初期の貴重なライヴ・アルバム3タイトルが紙ジャケで再発されることになった。うち2タイトルは初国内盤化ということもあり、ファンなら見のがせない。ストレンジ・デイズではこの機にライヴ・バンドとしてのクリムゾンという視点でこの3作を手がかりに彼らのライヴの魅力を再確認。さらにDGM LIVEシリーズの全タイトルを整理し、来たるべき来日に向けた予習としてみた。

  • 飛び道具を捨てたキング・クリムゾン
  • 初期クリムゾン試行の記録――大鷹俊一
  • デヴィッド・クロス(David Cross)インタヴュー
  • KING CRIMSON COLLECTORS’ CLUB LIST
  • クリムゾン最新トピックス

※画像を押すと拡大表示されます。

◎レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)
ジミー・ペイジ(Jimmy Page)によるリマスター&未発表音源シリーズもいよいよ最終楽章。『プレゼンス』『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』『コーダ』と残されていたオリジナル・アルバム3作が一挙に発売される。もちろん今回も完全未発表の貴重な音源をまとめたコンパニオン・オーディオが付属される。果たして3作がどんな新しい魅力を放つのか。ストレンジ・デイズではそれぞれのアルバムを詳細に解説するとともに、ツェッペリン後期の歩みや音楽的特徴、メンバーの動向など、幅広い見地から再考してみた。

  • ツェッペリン最後の戦い
  • 『プレゼンス』以降のブリティッシュ・ロック
  • ORIGINAL ALBUM COVER ART
  • 『プレゼンス』全曲&コンパニオン・オーディオ解説
  • 『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』全曲&コンパニオン・オーディオ解説
  • 『コーダ(最終楽章)』全曲&コンパニオン・オーディオ解説

Led Zeppelin – “Hots On For Nowhere (Reference Mix)”

「紅い月」 – 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド(DaisyMusic Official)

◎佐野元春(Motoharu Sano)インタヴュー

  • 最新アルバム『ブラッド・ムーン』解説

◎スタックリッジ(Stackridge)インタヴュー

  • アンディ・デイヴィス(Andy Davis)/ジェームス・ウォーレン(James Warren)

◎ロックン・ロール60周年

  • ロックン・ロールのオリジネーター・レーベル
  • ロックン・ロールの宝庫、ユニバーサル ミュージック編〈7月分〉

濱口祐自(Yuji Hamaguchi)インタヴュー

〇プログレッシヴ・ロック45周年(Progressive Rock 45th Anniversary)

〇ライヴ・レポート

  • FIM Festival Riviera PROG
  • トニー・ヴィスコンティ(Tony Visconti)&ウッディー・ウッドマンジー(Woody Woodmansey)
  • 近藤等則(Toshinori Kondo)

〇SUBURBIA SUITE 1000 COLLECTION:6月分
〇スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)の未発表ライヴ4枚組
〇SOUL WALKERS:フィリー・ソウルの宝箱
〇パイド・パイパー・デイズの復刻
〇BRASIL 1000 BEST COLLECTION:新規タイトル