2015年8月24日

北欧ポストロック直系サウンドを聴かせる、ユカタン(Yucatan)の最新作『アバヴ・ザ・マウンテン・サミット』!

◎“北欧ポストロックへのウエールズからの回答”という評価を受けたデビュー作から8年を経てリリースされたウエールズの4人組ポストロック・バンド、ユカタン(Yucatan)のセカンド・アルバム。北欧勢との共通点としては“ケルトの血”ということになるのだろうが、おそらく彼ら自身はそうした評価とは無関係に淡々と自分たちの音楽をやっているだけに違いない。ウエールズ語による各曲タイトルも歌詞の内容もさっぱりわからないのだけれど、気負いのないオーガニックな音像とたゆたうようなメロディは、聴き手を心地よくさせる。どこからかサイケデリックな多幸感が漂ってくるのは、ウエールズのアーティストならでは。北欧勢のガケと草原のイメージ(フィヨルド感とでもいいましょうか)とは異なる、ウエールズの岩と草原のイメージ(曇り空なのは共通しているように思えます)は、かけがえのないもの。大事に聴き続けたいタイプの作品。 [鈴木 祐/SD190]

Angharad

Official Website:
http://www.yucatan.cymru/
Official facebook:
https://www.facebook.com/yucatanambyth