2015年9月18日

ストレンジ・デイズ最新(192)号10/1発売★デヴィット・ギルモア★ポール・マッカートニー■インタヴュー:フィル・マンザネラ/スティーヴ・ヒレッジ 他

SD192_h1_9.9
オンラインストア
オフィシャル・ショップで購入

オフィシャル・ショップ特典

今月のストレンジ・デイズを注文すると
  1. 10月1日発売予定の本誌が当日(※)にはお手元に届く!
  2. 予約販売期間中は送料も無料!!
詳しくはオフィシャルショップのボタンクリック!
(※9月29日の正午までに注文時)
アマゾン

※ストレンジ・デイズ最新(192)号の発売日は10月1日(木)となります。
◎デヴィット・ギルモア(David Gilmour)
2006年以来9年ぶりとなるニュー・アルバム『飛翔(Rattle That Lock)』をリリースするデヴィッド・ギルモア。フィル・マンザネラが共同プロデューサーとして参加したこのアルバム。他にジュールズ・ホランド(Jools Holland)や妻のポリー・サムソン(Polly Samson)が制作に加わっている。アルバム・リリースに併せて実施される英国&欧州ツアーはすでにソールドアウトと、すでに世界中で話題騒然だが、ストレンジ・デイズではこの機にギルモアの個性を多角的に解析。ギタリストとして、そしてシンガー・ソングライターとしての魅力、交友関係、ソロ・キャリア、マンザネラ・インタヴューなど、幅広くその魅力に迫ってみた。

  • デヴィッド・ギルモア・ストーリー
  • 人格を反映した音楽家人生
  • 最新アルバム『飛翔』解説
  • 『飛翔』参加ミュージシャン
  • ギター・スタイルと個性
  • 共同プロデューサー:フィル・マンザネラ(Phil Manzanera)インタヴュー
  • ソロ・アルバム解説

David Gilmour – Album EPK

Paul McCartney – ‘Tug of War 2015 Reissue’ (In stores: 2nd October)

◎ポール・マッカートニー(Paul McCartney)
ポール・マッカートニーのアーカイヴ・コレクション・シリーズ第8&9弾として80年代の『タッグ・オブ・ウォー』と『パイプス・オブ・ピース』が2作同時にリリース。ともにジョージ・マーティン(George Martin)のプロデュースとなるアルバムで、ポールの80年代的表現が追及されている。アルバム内容の検証はもちろん、リミックス・ヴァージョンを収録したボーナスCDや付属DVD映像の内容、リマスタリングされた音源の精査など、今回のプロダクトの全貌に迫る。

  • 波乱に富んだポールの80年代
  • リマスター&リミックス・ヴァージョンなど、プロダクトの全貌
  • 『タッグ・オブ・ウォー(Tug Of War)』全曲解説
  • 『パイプス・オブ・ピース(Pipes Of Peace)』全曲解説
  • ポール・マッカートニー人名辞典

※画像を押すと拡大表示されます

〇ルーファス・ウェインライト(Rufus Wainwright)インタヴュー

  • アルバム解説

〇スティーヴ・ヒレッジ(Steve Hillage)インタヴュー

  • 関連アルバム解説

○ゾンビーズ:・ロッド・アージェント(The Zombies:Rod Argent)インタヴュー

  • 最新アルバム『Still Got That Hunger』解説

○谷山浩子(Hiroko Taniyama)インタヴュー

  • 最新DVD『谷山浩子 101人コンサート スペシャル at 青山円形劇場 1988』解説

○パブリック・イメージ・リミテッド(PIL: Public Image Ltd)

  • ライドン(John Lydon)の意外な背景も透けるアルバム群
  • ポスト・パンクを体現したPIL
  • 最新アルバム『What The World Needs Now』解説

〇プログレッシヴ・ロック45周年(Progressive Rock 45th Anniversary)

〇ライヴ・レポート

  • ネクター(Nektar)
  • アナセマ(Anathema)

〇80’S SOUL CLASSICS 後編
〇FUSION BEST COLLECTION 1000 完結
〇レット・イット・ロック!:ワーナー編