2015年10月16日

ステレオフォニックス(Stereophonics)通算9枚目のオリジナル・アルバム『キープ・ザ・ヴィレッジ・アライヴ』!

◎キャリア20年目に突入し、名実共にUKの国民的バンドとなったステレオフォニックス(Stereophonics)通算9枚目のオリジナル・アルバム。2012年に設立した自身のレーベル“スタイラス・レコーズ(Stylus Records)”第1弾がロングセラーとなり、音楽面だけでなくビジネス面においても成功を収めた彼らの好調ぶりを考慮すれば、本作が楽曲・演奏共に充実したものとなったのは当然ともいえるだろう。

ファースト・シングルとして先行リリースされた1曲目「セ・ラ・ヴィ(C’est la Vie)」からストレートなロックンロールが展開され、アルバム前半はシンプルかつ爽快感あふれるナンバーが続く。平歌もサビもカッコいい楽曲が惜しげもなく投入され、もう少し長く聴きたいと思わせる前にフェイドアウトしてしまうあたりは、バンドのクリエイティヴィティがピークに達していることを雄弁に物語るものだ。アッパー系の攻撃に心地よい疲労感を覚えた頃に、バラード系や英国ならではのトラッド感覚を活かしたミドル・テンポのナンバーが登場するのも本作の魅力を高めており、メンバーの“今でもアナログ盤やカセットでアルバム構成を考えてる”という説明も納得できる。[鬼形 智/SD192]

Stereophonics – C’est La Vie (Live at the Royal Albert Hall)

Stereophonics – I Wanna Get Lost With You

Official Website:
http://www.stereophonics.com/
Official facebook:
https://www.facebook.com/stereophonics