2015年10月28日

鈴木慶一率いるコントロヴァーシャル・スパーク(Controversial Spark)の最新ミニ・アルバム『Angels Of A Feather』!

◎鈴木慶一率いる“多世代交流バンド”、コントロヴァーシャル・スパーク(Controversial Spark)の最新ミニ・アルバム。メンバーが5人にもかかわらず、20代のヴォーカルのkonoreから60代の鈴木慶一にまで跨るという究極の多世代バンドだが、先輩も後輩もなくみんな対等という民主的なバンドでもある。だからという訳か、今回はメンバーが一人1曲ずつ作曲した5曲構成。元々バンドとしてこれといった定形があるわけではなく、常に流動的、万物流転的な面白さが持ち味だから、曲によって表情がガラリと変わる面白さがある。ましてや5人がそれぞれ1曲ずつ書いているから尚更だ。

オープニングを飾るギタリストの近藤研二が書いた作品はちょっとボッサ調で、その意外なアプローチが面白い。かと思えば、ドラマーの矢部浩志の曲にはぶっ飛んだ文脈のkonoreの歌詞が付けられ、これまたそのギャップが楽しい。というわけで、それぞれの持ち味、キャラクターが全開なのだが、ラストを締めるのはやはりバンド・リーダーの鈴木慶一。やたらロックでカッコイイ音に乗せて、メッセージ性を忍ばせたギターのリフのような歌が面白い。[増渕英紀/SD192]

Controversial Spark ミニアルバム「Angels of a Feather」公式Trailer

Controversial Spark 「眠る人」MV

Official facebook:
https://www.facebook.com/ControversialSpark