2015年11月14日

21世紀の英国ポップ職人トーマス・ウォルシュ率いるパグウォッシュ(Pugwash)の最新オリジナル・アルバム!

◎ついこの前、北米でのデビュー・アルバムとなるアンソロジー・アルバム『A Rose In A Garden Of Weeds: A Preamble Through The History Of Pugwash…』をリリースしたばかりと思ったら、なん
と今度は正真正銘のニュー・アルバムの登場である。世の(数少ない)ポップ・フリークの快哉の声も聞こえてきそうだが、内容的にはまさに最高! のひとこと。リーダーのトーマス・ウォルシュ(Thomas Walsh)いわく“バーズ・ミーツ・XTC”と語る本作、そのゲストも驚異的。アンディ・パートリッジ(Andy Partridge)やニール・ハノン(Neil Hannon/※ディヴァイン・コメデイ〈The Divine Comedy〉/ダックワース・ルイス・メソッド〈The Duckworth Lewis Method〉)あたりはなるほどだが、なんとレイ・デイヴィス(Ray Davies)のヴォーカルに、ジェフ・リン(Jeff Lynne)のシャウト!までフィーチャーしているとくるからたまらない。しかも録音はコンク・スタジオ(キンクス〈The Kinks〉が設立)だし、ミックスは一連のビートルズ・リイシューのマスタリング・エンジニアを務めたガイ・マッセイだし、ともはやトピックだらけ。ウォルシュの言に続けて僕ならばブライアン・ウィルソンや、ジェリーフィッシュといった名前も付け加えたい。[廣川 裕/SD193]

Pugwash Kicking And Screaming lyric video

Pugwash Hung Myself Out To Dry

Official Website:
http://www.pugwashofficial.com/
Official facebook:
https://www.facebook.com/pugwashtheband/