2015年11月15日

ストレンジ・デイズ最新(194)号11/20発売★ELO&ジェフ・リン★キング・クリムゾン■ボブ・ディラン/松尾清憲/プログレッシヴ・ロック・コレクション 他

SD_116
オンラインストア
オフィシャル・ショップで購入

オフィシャル・ショップ特典

今月のストレンジ・デイズを注文すると
  1. 11月20日発売予定の本誌が当日(※)にはお手元に届く!
  2. 予約販売期間中は送料も無料!!
詳しくはオフィシャルショップのボタンクリック!
(※11月18日の正午までに注文時)
アマゾン

◎キング・クリムゾン(A Young Person’s Guide To KING CRIMSON)
2015年の年の瀬を締めくくるように、キング・クリムゾンが約13年ぶりに来日する。ストレンジ・デイズ前第193号では、そんなクリムゾンのメンバーにスポットを当てたが、第194号では、若きプログレ・ファンに向けて、また、久しぶりにクリムゾンを聴いてみようという往年のファンに向けて、改めてクリムゾンの魅力を伝えるべく70年代クリムゾンを中心にした企画を組んだ。題して“ア・ヤング・パーソンズ・カイド・トゥ・キング・クリムゾン”。

  • キング・クリムゾンを聴け!
    〜ア・ヤング・パーソンズ・ガイド・トゥ・キング・クリムゾン
  • 関連アルバム解説
    (『The Elements Tour Box』『Live At The Orpheum』『Thrak (Limited Edition Boxed Set)』他)

※画像を押すと拡大表示されます。

◎エレクトリック・ライト・オーケストラ(ELO)
ポップの魔術師ジェフ・リン率いるELOが、実に15年ぶりとなる全曲新曲からなるニュー・アルバム『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』をリリースする。ストレンジ・デイズでは現地ロンドンでのジェフ・リン・インタヴューを中心に、本人による曲解説、紙ジャケで再発されるELOの軌跡やジェフ・リンの歩み、その音楽性、さらにプロデュース・ワークなど、幅広い視点からその魅力に迫ってみた。

  • ジェフ・リン・ストーリー
  • 踊るヴァイオリン群とエレクトリック・ロック、そしてヴォーカルは如何に
  • ジェフ・リン(Jeff Lynne)インタヴュー
  • 最新アルバム『Alone In The Universe』
  • ジェフ・リン本人による曲解説
  • ジェフ・リンと英ポップ
  • 経験値をELOのフィルターを通し表現した新作
  • ELO&ジェフ・リン・アルバム解説
  • ジェフ・リンのプロデュース・ワーク他

ELO – When I Was A Boy (Jeff Lynne’s ELO – Lyric Video)

◎プログレッシヴ・ロック・コレクション(Progressive Rock Collection)

  • プログレッシヴ・ロックはブリティッシュ・ロックの道と見たり
  • ディスク解説(Progressive Rock SHM-CD Collection Part.3)

○ボブ・ディラン(Bob Dylan)

  • ボブ・ディランのブートレッグ・シリーズ
  • 『Cutting Edge 1965-1966』解説
  • 関連アルバム解説

松尾清憲(Kiyonori Matsuo)インタヴュー

  • 『SIDE EFFECTS:恋の副作用 30th Anniversary Version』
  • 最新アルバム『THIS TINY WORLD』
  • 『ニュー・ベスト オブ・松尾清憲:甘くてほろ苦い音楽生活のすべて』

岸田邦雄(Kunio Kishida)インタヴュー

  • 最新アルバム『Slide Angel』

○ライヴ・レポート

  • スタックリッジ(Stackridge)
  • 風祭 東(Azuma Kazama)
  • レオ・セイヤー(Leo Sayer)
  • デオダート(Deodato)
  • ポップ・エトセトラ(Pop Etc)

○プログレッシヴ・ロック45周年

○ジョージィ・フェイムの初期集大成ボックス
○ホール&オーツ来日記念ベストとカタログ再発
○FREE SOUL SHM-CD COLLECTIOIN
○スモール・フェイセスのデッカ・イヤーズ・ボックス