2015年11月18日

カンタベリー・シーンの源流ともいえる伝説的バンド、ザ・ワイルド・フラワーズ(The Wilde Flowers)の貴重音源集(2CD)!

『ザ・ワイルド・フラワーズ』
◎ヒュー・ホッパー(Hugh Hopper)の実兄ブライアン(Brian Hopper)が録音マニアだったおかげで、次々と未発表音源が発掘されるカンタベリー関連に新たなコンピレーションが登場。本作はソフト・マシーン(Soft Machine)やキャラヴァン(Caravan)の前身でありカンタベリー・シーンの源流ともいえる伝説のバンド、ザ・ワイルド・フラワーズ(The Wilde Flowers)の音源集で、カンタベリー・マニアにとって定番の1962年~68年のライヴやデモ音源の最新リマスターを収録したディスク1に加え、新たに発見された貴重音源と00年代にブライアン・ホッパー&ロバート・ワイアット(Robert Wyatt)が録音したマテリアルを収録した完全版というべきフォーマットでのリリースとなる。

ラフな録音状態の音源が多いディスク1収録曲はリマスター効果によって若干ながら音質改善が見られるし、ディスク2に至っては音質云々を抜きにした貴重な音源が目白押しだ。インプロヴィゼーションとポップ・ソングとジャズがアマルガム状態になった発掘音源を聴けば、彼らがスタート時点から音楽的な方向性を確立していたことを理解できるだろう。ラストを飾る「ホープ・フォー・ハピネス(Hope For Happiness)」ラーガ・ヴァージョンも楽しい。[鬼形 智/SD193]

Official Website:
http://www.floatingworldrecords.co.uk/artists/the-wilde-flowers2/