2015年12月19日

ポスト・パンク・リヴァイヴァルの動向から浮上した、ピーチズ(Peaches)の最新アルバム『ラブ』!

◎このジャケットの雰囲気だけでただ者じゃないセンスは充分伝わるだろう。ポスト・パンク・リヴァイヴァルの動向から浮上した“エレクトロクラッシュ”や“エレクトロ・パンク”を象徴するアーティストのひとりとして評価されるピーチズ(Peaches)の通算5作目となるニュー・アルバムである。オノ・ヨーコ(Yoko Ono)やイギー・ポップ(Iggy Pop)、ル・ティグレ(Le Tigre)、REMなど彼女がコラボしてきた顔ぶれはどれもご覧のようにとんがった連中そろい。この新作にもソニック・ユース(Sonic Youth)のキム・ゴードン(Kim Gordon)や同郷カナダのファイスト(Feist)らがゲスト・ヴォーカルとして参加していて、スタンスにまったく揺るぎがないことを証明している。

作品としては6年ぶりで、今作からはXLレコーディングを離れ、自主レーベルを設立。制約が外されたからか、これまで以上に攻撃的でアジテーショナルな作風にまとめあげられている。ファットなエレクトロやポスト・パンク、ヒップホップなどがイメージを拡散するようにぶちまけられ、意外なキュートさもみせるピーチズのヴォーカルと好対照を描き出す。その佇まいはストイックなほどにクールなのが大きな魅力だ。[廣川 裕/SD194]

1. CLOSE UP ft. Kim Gordon / PEACHES OFFICIAL VIDEO

Official Website:
http://peachesrocks.com/
Official facebook:
https://www.facebook.com/officialpeaches/