2016年3月24日

エルトン・ジョン(Elton John)が通算33作目の最新アルバム『ワンダフル・クレイジー・ナイト』を完成させた!

◎アップテンポでハッピーで喜びに満ちたレコードを作りたかった――これは、今回リリースされる33作目の新作スタジオ・アルバムに寄せられた、エルトン・ジョン(Elton John)本人のコメントだ。もうすぐ69歳になろうという彼のこうした意欲には、本当に頭が下がる。しかも今回の新作では、往年のバック・バンドのメンバーだったギタリストのデイヴィー・ジョンストン(Davey Johnstone)と、ドラマーのナイジェル・オルソン(Nigel Olsson)、そしてパーカッショニストのレイ・クーパー(Ray Cooper)も参加。これは70年代黄金期の名作を再現しようという意図だろう。ちなみにプロデュサーには、前作にも参加していた重鎮T・ボーン・バーネット(T-Bone Burnett)を招いている。

内容はエルトンの言葉どおり明るい楽曲が多いが、さほどアップテンポな曲が多いというわけではなく、むしろ堂々とした作風と歌いっぷりが印象に残る。そしてあらためて感心するのは、黒人音楽的な要素と、イギリス白人的な雰囲気がバランスよく配合された、唯一無二ともいえる独特な楽曲の雰囲気だ。これはもはや“エルトン・ジョン”という一つのジャンルである。 [立川芳雄/SD197]

Elton John – Looking Up – Live

Elton John – Wonderful Crazy Night – Live

Official Website:
http://www.eltonjohn.com/
Official facebook:
https://www.facebook.com/EltonJohn