2016年3月29日

スタックリッジやコーギスで活躍してきた、アンディ・デイヴィスの最新アルバム『エマージェンシー・ラヴ』!

アンドリュー・クレスウェル・デイヴィス『エマージェンシー・ラヴ』
◎昨年(2015年)11月に初来日したスタックリッジ(Stackridge)で元気な姿を見せてくれたデイヴィス(Andrew Creswell Davis, Andy Davis)のソロ。1989年『Clevedon Pier』、昨年の『Desire Lines』(ダウンロード販売)に続く3作目からは、ジャンルに捕らわれず、肩肘張らずにオヤジが歌作りを楽しんでいる様がシンプルに伝わってくる。スタックリッジは69年からの歴史を昨年暮れでいったん閉じてしまったが、アコースティック・トリオ“DLM”での活動と合わせ、デイヴィスの健在ぶりは頼もしい。

デイヴィスのシブみのあるヴォーカルがメイン。バックを支えるのは、往年のスタックリッジと共演していたキャメル(Camel)のアンディ・ラティマー(Andy Latimer)。ペダル・スティール・ギターの名手B.J.コール(B.J. Cole)。昨年の公演に参加していたエディ・ジョン(Eddie John/ドラムス)、クレア・リンドレー(Clare Lindley/ヴァイオリン)。デイヴィス、リンドレーとともにDLMで活動しているブライアン・ムーラン(Brian Mullan/チェロ)ら。珠玉のバラード③「Baby Good For You」はDLMでも演奏しているが、ほのかにビートルズの香り漂うそちらも一見(一聴※下段動画)の価値あり。デイヴィスのサイトで見ることができる。[等々力 侑/SD198]

Baby Good For You

Official Website:
http://www.andrewcresswelldavis.com/
DLM Official facebook:
https://www.facebook.com/DLM-146540362084302