2013年4月11日

ジャーマン・シンフォ・プログレ・バンド、ノイシュヴァンシュタインの名盤『バトルメント』が再発された!

top_jk
オンラインストア
アマゾン
iTunes

ノイシュヴァンシュタイン『バトルメント』

◎ジャーマン・シンフォ・プログレの名盤『バトルメント(Battlement)』(右上写真)が紙ジャケ、リマスター、SHM-CD仕様、ボーナス・トラック入りにて再発された。かの有名なバイエルンのルートヴィッヒ王が建設したノイシュヴァンシュタイン(Neuschwanstein)城をバンド名に配し、ジェネシス(Genesis)やキャメル(Camel)に影響を受けた典型的なジャーマン・シンフォを伝えてくれる。ガブリエル時代のジェネシスを手本にしながらも豊穣なキーボードとリリカルなフルート、アコ・ギを多用し、幻想的な詩情に溢れた浪漫漂う逸品を作り上げている。やや線が細く、ガブリエルに酷似したヴォーカルとリズム・セクションの弱さで損をしている嫌いはあるが、しっかりとした構成力と展開で聞かせる高水準の作品だ。紹介された当時、本作を聴き込んだというファンも多かった。アルバムは1978年のリリースだが、実際には彼らは71年頃に結成されており、アコ・ギがいい味わいを醸し出すツイン・ギター、フルートも吹くキーボーディストによるツイン・キーボードの6人編成で最近日の目を見た幻のファースト『Alice In Wonderland』(下段写真)を76年に録音している。本作と同傾向の佳作。 [祖父尼 淳/SD162]

CD:『Alice In Wonderland』Musea / FGBG 4468 / 2008【アマゾンで購入】