2017年8月9日

ピンク・フロイド、デヴィッド・ギルモアの新たなコンサート・フィルム『Live at Pompeii』が完成!:約2,000人限定世界遺産ライヴを疑似体験!:東京と大阪のライヴハウスZeppにて大音量上映決定!

DavidGilmour_LiveAtPompeii_CDBookCoverWrap.indd

◎ピンク・フロイド(Pink Floyd)のヴォーカル/ギターのデヴィッド・ギルモア(David Gilmour)の新たなコンサート・フィルム『Live at Pompeii』が完成し、今年(2017年)9月13日に一夜限定の上映イヴェントが世界各国の映画館2,000館以上で同日開催されることになった。ピンク・フロイドが今年8月でデビュー50周年を迎えることを記念して、デヴィッド・ギルモアの最新コンサート・フィルム『ライヴ・アット・ポンペイ』をここ日本でも9月25日にZepp DiverCity(東京)とZepp Namba(大阪)にて一夜限りのライヴ絶響上映することが決定した。Zepp規模のライヴハウスのPAシステムを利用して、大音量・大画面での上映するのは、世界で唯一ここ日本だけで、世界初の試みに全世界の注目が集まっている。

この作品は、2015年にリリースしたソロ・アルバム『飛翔(Rattle That Lock)』のワールド・ツアーの一環として、昨年7月7日と7月8日にイタリアのポンペイにある世界遺産に登録されてるアンフィシアター(ポンペイ円形闘技場)で行われた最新コンサートの模様が収められている。ギルモアは45年前の1971年10月にピンク・フロイドとして同地の古代遺跡で観客を入れない状態で演奏するというパフォーマンスを行っており、後にコンサート・フィルムとしてリリースされている。

poster

本作は、それ以来45年ぶりのイタリア・ポンペイでの凱旋コンサートとなる。そんな世界遺産の歴史的建造物ということもあり、会場規模的に2日間で延5,000名しか収容できず、超プレミア・チケットとなった本公演は、全ギルモア・ファンは勿論のこと、全世界のピンク・フロイドファンで大争奪戦となり、このライヴを体験できなかった音楽ファンの間では、またも伝説のライヴとなった。

今回の公演はピンク・フロイド等の映像監督を務めたギャビン・エルダーが4Kで撮影。サウンド・プロデュースは、デヴィッド・ギルモア自身で、ミックスは、アンディー・ジャクソン(Andy Jackson)とデヴィッド・ギルモアが手掛けている。2日間行われた同闘技場での公演は、世界各国で№1に輝いたギルモアの最新ソロ・アルバム『飛翔』の楽曲に加えて、ピンク・フロイド「Wish You Were Here」「Comfortably Numb」などピンク・フロイド楽曲13曲、全22曲演奏し、本上映はこの2日間のハイライトが収録される。(上映楽曲未定) 演奏された楽曲の中では「吹けよ風、呼べよ嵐」が、1971年の『Live at Pompeii』でも演奏された唯一の楽曲である。またギルモアがソロ公演ではめったに演奏しない「The Great Gig in the Sky」(ピンク・フロイド『狂気』収録)も演奏されている。[オフィシャル・インフォメーションより]

[本公演で演奏された楽曲]※上映楽曲は未定

  1. 5 A.M./ 午前5時の旋律
  2. Rattle That Lock/ラトル・ザット・ロック~自由への飛翔
  3. Faces of Stone/夢のままに
  4. What Do You Want From Me/ホワット・ドゥ・ユー・ウォント・フロム・ミー(ピンク・フロイド『対(TSUI)』)
  5. The Blue/ザ・ブルー
  6. The Great Gig in the Sky/虚空のスキャット(ピンク・フロイド『狂気』)
  7. A Boat Lies Waiting/天国への小舟(リチャード・ライトに捧ぐ)
  8. Wish You Were Here/あなたがここにいてほしい(ピンク・フロイド『炎~あなたがここにいてほしい』)
  9. Money/マネー(ピンク・フロイド『狂気』)
  10. In Any Tongue/狂気の世界
  11. High Hopes/運命の鐘(ピンク・フロイド『対(TSUI)』)
  12. One of These Days/吹けよ風、呼べよ嵐(ピンク・フロイド『おせっかい』)
  13. Shine On You Crazy Diamond(Parts I-V)/クレイジー・ダイアモンド(ピンク・フロイド『炎~あなたがここにいてほしい』)
  14. Fat Old Sun/デブでよろよろの太陽(ピンク・フロイド『原子心母』)
  15. Coming Back to Life/転生(ピンク・フロイド『対(TSUI)』)
  16. On an Island/オン・アン・アイランド
  17. The Girl in the Yellow Dress/黄色いドレスの少女
  18. Today/今日を生きる
  19. Sorrow/ 時のない世界(ピンク・フロイド『鬱』)
  20. Run Like Hell/ラン・ライク・ヘル(ピンク・フロイド『ザ・ウォール』)
  21. Time/ Breathe (In The Air) (reprise) / タイム/ブリーズ(ピンク・フロイド『狂気』)
  22. Comfortably Numb/コンフォタブリー・ナム(ピンク・フロイド『ザ・ウォール』)

Official Website:
http://www.davidgilmourcinematickets.com/
www.110107.com/zepp-de-zekk


[コンサート・フィルム『デヴィッド・ギルモア(ピンク・フロイド)ライヴ・アット・ポンペイ』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪]
※2017年/英国/BD/16:9/2ch
日程:2017年9月25日(月)
開場/開演:18:30/19:30
会場:Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Namba(OSAKA)
チケット:①センターエリア・シート/②一般自由席/③スタンディング (いずれも1Fのみの販売になります)
前売券:センターエリア・シート(全席指定)・4,000円(税込) /一般自由席(全席自由)・3,000円(税込)/スタンディング・2,000円(税込)   
当日券:センターエリア・シート(全席指定)・4,500円(税込) /一般自由席(全席自由)・3,500円(税込)/スタンディング・2,500円(税込)
※入場者特典付(先着での配布になります。配布はなくなり次第終了とさせていただきます)
※ご入場時に、別途ワンドリンク+500円をいただきます。
※1Fの座席のみの販売になります。 
※センターエリア・シートは会場中・後方の座席で、より快適に作品をご鑑賞いただけるエリアになります。
※詳細は以下公式HPにて
www.110107.com/zepp-de-zekk

企画・主催:(株)Zeppホールネットワーク、(株)ソニー・ミュージックダイレクト
提供:ソニー・ミュージックレーベルズ ©2017 Trafalgar Releasing Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.