2013年4月17日

グルッポ2001の唯一アルバム『新世代の夜明け』がボーナス・トラック付きで再発された

L'alba di Domani - GRUPPO 2001
オンラインストア
アマゾン

グルッポ2001(ドゥエ・ミッラ・ウーノ)『新世代の夜明け』
◎イタリアはサルディーニャ出身のグルッポ2001(Gruppo 2001)。彼らはイ・サリスを母体にして1971年に結成、72年に本唯一作となる『新世代の夜明け(L’alba di Domani)』(右上写真)をリリースしている。イタリアらしいカンタウトーレ的なたおやかで初々しいサウンドを特徴とする。シンフォニックなプログレ・バンドのように激しく畳みかけるものではないが、ピアノやオルガン、フルート、ツイン・ギターを駆使し、素朴な歌心とアコースティックな雰囲気を大切にしたイタリアン・ロックを奏でる。瑞々しい魅力に溢れたもので、希望に満ちた爽やかな印象はジャケット・アートを彷彿させる。ところどころにプログレらしさを盛り込んでおり好事家の興味を惹き付ける。他のイタリアのバンドではブロッコ・メンターレあたりを彷彿させるが、もう少し穏やかにしたサウンドを想像してもらえばいいだろう。アナログ盤がレアだったことも頷ける。今回の紙ジャケット再発はリマスター、SHM-CD仕様で、アルバム未収の5曲を追加してのリリース。未収曲は3枚のシングル(下段写真:内2作)から収録されている。79年までに8枚のシングルをリリースした。[祖父尼 淳/SD162]

7inch single:
「Avevo In Mente Elisa / Quella Strana Espressione」King Universal / NSP 56127 / 1971
「Angelo mio / L’anima」King Universal / NSP 56140 / 1973